美味しそうな写真を撮りたい TOP  >  中華料理全般 >  ひさしぶりに横浜中華街で @ 中国料理  一楽 (いちらく) 

ひさしぶりに横浜中華街で @ 中国料理  一楽 (いちらく) 

 さてこの日は横浜方面へのお出かけです。用事の前に横浜中華街でランチです。この日の狙いは、今シーズン初めてのアレの料理です。日替わりランチをチェックして、中華街大通りの一楽に訪問です。
 まずはお店の前の看板をアップしておきましょう。上海蟹フェアがはじまっていました。

PA076030.jpg

 過去に何度も訪問しているお気に入りのお店です。四川麻婆豆腐、海老のチリソース、回鍋肉、酢豚などの定番ランチに、日替わりや週替わりのメニューが並んでいます。
 定番のランチはよく見かけるメニューですが、平日限定の日替わりや週替わりは、ちょっと変わったもののときがあるので目が離せません。

 この日に選んだのは、


平日限定 日替わりランチ
アサリと春雨の土鍋煮込み 650円(税込)

PA076038.jpg

 貝の料理ですが、牡蠣ではありません。詳しく見てみたい方は、下記の続くからどうぞ (^^)


 駅から歩いて中華街へ これを見ると、中華街にやってきた交通手段がわかりますね。

PA076020.jpg


 大通りは修学旅行の学生さんとかバスツアーのお客さんでいっぱいです。ここにも、上海蟹が入荷と出ていますね。

PA076029.jpg


 11時半の開店時間になったので、お店に入りましょう。二人掛けのテーブルに案内されます。まずは、お水がやってきて、注文するとさっそくスープとお漬物が登場です。

PA076033.jpg


 ちょっとしょっぱめのお漬物です。これだけでもご飯を半分いけそうです。

PA076034.jpg

 この日のスープはベーコン入りのヤサイスープです。

PA076035.jpg



少し待って、メインの登場

PA076038.jpg


 お替りのできるごはんと一緒に、土鍋で登場です。なかなか素敵な姿ですね。たっぷりの春雨にニラ、人参、タケノコが入っています。土鍋ででてくる料理って、それだけで三倍くらい美味しいと思うのは私だけでしょうか。

PA076039.jpg


 アサリがざくざくと入っています


PA076040.jpg

 アサリの殻を数えても10個以上入っていました。中の身は、その倍くらい入っているようです。下のお汁は春雨が吸って、しっかりと美味しさを含んでいました。
 土鍋料理でしたが、お汁があまりないので、さほど大汗をかかずにすみました。こういう料理をランチでいただけるのは、さすが一楽です。決してこれがアサリじゃなくて、牡蠣だったらとか思っていません。

 デザートの自家製杏仁豆腐をいただいて、フィニッシュです。濃厚でプリンっぽい食感ですよ。

PA076042.jpg

 牡蠣料理はまだだと確認して、次の用事へと向かいます。でも、そちらはすでに売り切れでした。


お店の情報
中国料理  一楽 (いちらく)   
http://www.ichi-raku.jp/
住所    神奈川県横浜市中区山下町150  
TEL.    045-662-6396
定休日   不定休
営業時間  11:30~21:30 L.O.
駐車場   なし 近くにコインパーキングあり

中華街に行きたいなと思ったら、ぽちぽちっと押してみてください。

 blogram投票ボタン 
関連記事
[ 2016/10/10 09:45 ] 中華料理全般 | TB(0) | CM(12)
上海蟹フェアをやってたのなら、上海蟹コース注文で『(一)件(楽)着』かと思いましたよ!

ここは、お財布をギュッと引き締めて、アッサリとアサリと春雨の土鍋煮込みランチだったんですね。

中華街だと、デザートはだいたい(アン)仁豆腐ですよねv-8
[ 2016/10/10 10:26 ] [ 編集 ]
へぇ~、アサリもこんなふうに中華の食材に使うんですね。
ちょっと意外な感じがしますけど、
たしかに土鍋は美味しさ倍増でって感じです。
それにしてもお値段にビックリですコスパ高過ぎ。
[ 2016/10/10 17:52 ] [ 編集 ]
そろそろ
各地で牡蠣のチェックは欠かせませんね。
今年も美味しいのを頂きたいです。アサリも好きですけどね。
[ 2016/10/10 21:48 ] [ 編集 ]
イカオジさんへ
> 上海蟹フェアをやってたのなら、上海蟹コース注文で『(一)件(楽)着』かと思いましたよ!

ランチで上海蟹はちょっとね。
さすがに座った席の廻りでも、食べている人はいませんでした。
蟹好きの方だと、ランチからいっちゃうかなあ。v-282


> ここは、お財布をギュッと引き締めて、アッサリとアサリと春雨の土鍋煮込みランチだったんですね。

アサリでアッサリは、イカオジさんか若女将がコメントすると思っていました。
予想通りでしたね。v-319


> 中華街だと、デザートはだいたい(アン)仁豆腐ですよねv-8

カットしたのがシロップに漬かって、さくらんぼうが添えてあることが多いですね。
こちらは、ココットに流して固めたものでしたよ。
[ 2016/10/10 21:49 ] [ 編集 ]
川崎工場長さんへ
> へぇ~、アサリもこんなふうに中華の食材に使うんですね。

広東料理だと、なんでも食べちゃうイメージです。
貝なら、アサリ、ハマグリ、マテ貝、牡蠣となんでもいけるでしょう。


> ちょっと意外な感じがしますけど、
> たしかに土鍋は美味しさ倍増でって感じです。
> それにしてもお値段にビックリですコスパ高過ぎ。

ここは近所のお店の中華料理とは一味違う料理がランチで出てきます。
なので、こっち方面に出かけたときにはチェックしてしまいます。
[ 2016/10/10 21:52 ] [ 編集 ]
これ、美味しかったぁ
いいアサリがたくさん入っていましたね。
貝殻の数以上に投入されていたようです。
ご飯にぶっかけて食べたかったですけど、みっともないので、
それはやめにしておきました。
[ 2016/10/10 21:55 ] [ 編集 ]
こばぽよんさんへ
> 各地で牡蠣のチェックは欠かせませんね。
> 今年も美味しいのを頂きたいです。アサリも好きですけどね。

すでに始まったお店が一軒ありますが、まだ未訪問です。

中華街のランチもチェックしましたが、この日は発見できませんでした。
通年やっているお店は、たぶん冷凍物を使っていると思われます。
まあ、それはそれでいいのですが~
[ 2016/10/10 21:56 ] [ 編集 ]
酔華さんへ
> これ、美味しかったぁ

おおっ、同じ日に訪問でしたか。v-7


> いいアサリがたくさん入っていましたね。
> 貝殻の数以上に投入されていたようです。

他のお客さんがアサリの殻ばかりだと申し訳ないなと思いながら、
いただきましたよ。
やはりアサリの身だけが追加されているのでしょう。
なかなか贅沢な気分になれるランチでしたね。


> ご飯にぶっかけて食べたかったですけど、みっともないので、
> それはやめにしておきました。

オンザライスもやって撮影しようかと思いました。
同じく自粛しておきました。v-290
[ 2016/10/10 22:16 ] [ 編集 ]
だっけさ
牡蠣はまだ10年はーえv-7
小まめにアレのチェックしるなっ(笑)

上の孫が浅利に目がねんさ♪鍋でもなんでも浅利は独り占めなんよ
中華街でこんげの食べさせてやりてな~♪
ポチ☆
昨夜飲み過ぎて今日は腹のあんべがピーピーv-40
冷えたんねー
[ 2016/10/11 14:05 ] [ 編集 ]
牡蠣が大好きなてつあんさん、こんばんは。
今回はアサリでしたか〜(^^)
土鍋で煮込んだアサリからでた旨味が春雨にしみて、美味しかったでしょう! 貝好きさんにはたまらないメニューですね。
えっ、アサリもいいけど牡蠣もね、ですか!?
ぽちぽち
[ 2016/10/11 20:08 ] [ 編集 ]
かずちゃんへ
> 牡蠣はまだ10年はーえv-7
> 小まめにアレのチェックしるなっ(笑)

そんなことはありません。
もう牡蠣フライを食べた人もいますからね。
そろそろでしょ。v-7


> 上の孫が浅利に目がねんさ♪鍋でもなんでも浅利は独り占めなんよ
> 中華街でこんげの食べさせてやりてな~♪

金曜の夕食で、鍋のアサリがたっぷりでしたね。
これでもかとアサリが入っていて、牡蠣好きも満足でしたよ。
孫ちゃんを連れての中華街もいいよね。


> ポチ☆
> 昨夜飲み過ぎて今日は腹のあんべがピーピーv-40
> 冷えたんねー

けっして寒いギャグのせいではないと思いますよ。
お大事に
ぽちぽち、ありがとうございます。
[ 2016/10/11 22:47 ] [ 編集 ]
浜雪さんへ
> 牡蠣が大好きなてつあんさん、こんばんは。
> 今回はアサリでしたか〜(^^)
> 土鍋で煮込んだアサリからでた旨味が春雨にしみて、美味しかったでしょう! 貝好きさんにはたまらないメニューですね。
> えっ、アサリもいいけど牡蠣もね、ですか!?

中華街を廻ってランチに牡蠣があればいいなと思いましたが、
ちと残念でした。
でも、アサリと春雨のコンビの鍋も良かったです。
牡蠣とアサリの両方が入った鍋があれば、文句なしなのですが~ v-9


> ぽちぽち

ありがとうございます
[ 2016/10/11 22:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL