美味しそうな写真を撮りたい

蒸し暑いので熱中症に注意
美味しそうな写真を撮りたい TOP  >  洋食全般 >  鎌倉で人気のフレンチを その2 @ レストラン ete (エテ)

鎌倉で人気のフレンチを その2 @ レストラン ete (エテ)

こちらの記事 さて、こちらの記事の続きです。トップの画像は、やはりメインの肉料理の写真です。


PA126235.jpg

 詳しくは、続きを読むをクリックしてください。


 きれいにカットされて並んだ鎌倉野菜を真ん中の蟹味噌のソースをつけていただきます。蟹味噌ソースは、後のために取って置くように言われました。

PA126183.jpg

 手前からのショットが、いい感じでした。

PA126187.jpg

 奥の方も撮影しておきましょう。どれも一口ですが、全部で15種類くらいかな。

PA126190.jpg

 蟹味噌のソースの中からは、蟹の身も入っていて豪華ですね。贅沢そのものの前菜です。でも、ソースは残しておきましょう。

PA126191.jpg



シラスの揚げパン

PA126192.jpg

 揚げたてのシラスの入った揚げパンです。お隣と二人で4個入っています。たこ焼きよりは小さめのサイズです。これを、こんなふうに蟹味噌ソースにつけていただきます。
 中にはとろりと蕩けたチーズも入って、これは美味しい。チーズの苦手な人から、さらにもう一ついただきました。

PA126199.jpg



 豚のリエットとパン

PA126194.jpg

 温かい状態でサーブされたお替りのできるパンは、店主さんの奥様の実家のものだそうです。なくなるとオーブンで温めて追加してくれます。これに添えられた豚肉のリエットをつけていただくと、それだけで無限に食べてしまいそうです。これはダイエットの大敵だな。

  まだまだ、あとから料理が出てくるので、少しずついただきましょう。次の前菜の登場です。



鰤とセロリのピューレ 酢漬けの蕪とイカ カレー風味のクスクス

PA126200.jpg


 さらにアップで見てもらいましょう。それにしても、この組み合わせはすごいです。単品でもびっくりしそうな素材を、これだけ組み合わせてバランスを取っているのは見事です。

PA126206.jpg


 並々とそそがれたスパークリングワインもなくなったので、赤ワインをいただきましょう。詳しくないので、左のフランス産を選びます。

PA126210.jpg


もう一度乾杯!

PA126215.jpg


燻製秋刀魚、トマト、茄子のピューレ ヒヨコ豆のソース

PA126216.jpg


 燻製された秋刀魚の皮の様子をアップで撮りましょう。下のひよこ豆のソースとかき混ぜてからどうぞと言われました。

PA126219.jpg


 下のソースとトマトと秋刀魚をリフトです。口の中での味わいがすごいです。でも、やはり燻製の印象が強いかな。そういえば、今年はまだ秋刀魚の塩焼きは食べていないことに気がつきました。

PA126223.jpg



フォアグラのポワレ 栗のヴルーテ ホワイトチョコの泡

PA126225.jpg

 泡だらけなのは、ホワイトチョコレートを泡にしたものらしい。通常のムース状ではないので、エスプーマを使っているのかな。甘みを抑えていますが、チョコの香りがします。
 下の茶色が栗のヴルーテで、さらに下にフォアグラがかくれているらしい。

PA126227.jpg

 大きな皮つきのフォアグラが現れました。ナイフでカットしていただきます。甘みと組み合わさったフォアグラは濃厚な味わいをさらに際立たせていましたよ。

PA126229.jpg

 前菜だけで、かなりの驚きの連続でした。途中でシェフの仕事を見ていると、ややっという声が出そうな仕事も見られました。いよいよメインの登場です。

 次々と登場するメインの撮影風景をぱちり


PA126231.jpg




 選んだ肉料理がやってきました。二人分からオーダーが出来るというシャラン鴨のラケです。

PA126232.jpg


ビュルゴー家シャラン鴨胸肉のラケ スパイスを効かせて


PA126235.jpg


 ビュルゴー家シャラン鴨といえば、以前にトゥール・ダルジャンで使っていると聞いたような気がします。ラケというのは、オーブンで照り焼きのように焼いたものだそうです。

 オーブンで焼かれた鴨肉に、トマト、シメジ、舞茸などのキノコが添えられて、茶色のソースとスパイスがかかっています。胸肉の断面は、完璧なピンク色の姿を見せてくれています。


PA126236.jpg


 皮の部分はこれまたぱりぱりに焼かれた褐色で、北京ダックの皮を思い出させてくれます。

PA126240.jpg


 うーむ、二人分の大きさの胸肉でないと、たぶんこのようには焼けないのでしょう。カットしていただくと、柔らかさよりも鴨肉の噛み応えのある味わいです。これは、赤ワインにぴったりですね。

PA126239.jpg

 うーむと唸るしかないメイン料理でした。少しいただいた仔羊や和牛も、素敵でしたよ。




 余韻に浸りながら、デザートの登場です。まずは一皿目は、

PA126244.jpg


生姜のパンナコッタ 20世紀梨とバジルのグラニテ

PA126245.jpg

 デザートの前にデザートのグラニテです。なんてこったとは言いませんが、生姜をこんな風に使いましたか。生姜の風味が、鴨肉の濃厚な味をさっぱりと治めてくれます。




 そして、もう一皿のデザートです。

PA126248.jpg


洋ナシカスタードムース キャラメルアイス 
梨のピューレとカシスソース

PA126251.jpg

 濃厚なフレンチの締めくくりにふさわしく、デザートも濃い目の味わいです。断ち切るように描かれた赤いカシスソースが素敵ですね。


 ドリンクはいろいろと選べますが、ここはカフェオレをチョイスです。ミルクたっぷりの珈琲を味わいました。
PA126253.jpg

 もちろん普段の記事の料理とはお値段が違いますが、内容を考えれると格安な印象でした。なかなか予約がとれないという人気にも納得です。
 休業後の再開したお店がどうなるのか、楽しみなような怖いような気がします。ということで、再開したら行ってみるしかないですね。


お店の情報
レストラン  ete (エテ)
http://www.ete-ete-ete.com/
住所     神奈川鎌倉市由比ケ浜2-7-20 山口ビル1F
電話番号   0467-84-8114
定休日    月曜日、火曜日のランチ
営業時間   11:30 ~13:30 (LO)  17:30~21:30 (LO) 
駐車場    なし  

 blogram投票ボタン
美味しそうだなと思った方が押してくれると、はげみになります。
関連記事
[ 2016/10/31 08:41 ] 洋食全般 | TB(0) | CM(20)
ete
いつも食べている夕食での素材
鎌倉野菜、鰤、シラス、秋刀魚、鴨
此の日のeteでの夕食は始めての体験でした
まるで何時もの
食いしん坊の5名が
一流なスタイリストがついて
服装からヘアーから靴等を着せ替えて
出て来たような夕食会に為りましたね
体験できて良かった~
又行きましょう
[ 2016/10/31 12:32 ] [ 編集 ]
ややや
災○は忘れた頃にやってくると申しますが
まさにその心境です( ´艸`)
お料理だけでなく盛り付けのセンスも光ってますね♪
美味しいお料理は目も舌も満足いくものだったでしょうv-38
おらも週末お肉食べたよ(^^)v
そう羨ましくもないと思いますがご報告させて頂きます(笑)
ポチ☆
今日は何にもこしょいたくねー
[ 2016/10/31 15:12 ] [ 編集 ]
ダヴィッドさんへ
> いつも食べている夕食での素材
> 鎌倉野菜、鰤、シラス、秋刀魚、鴨
> 此の日のeteでの夕食は始めての体験でした
> まるで何時もの
> 食いしん坊の5名が
> 一流なスタイリストがついて
> 服装からヘアーから靴等を着せ替えて
> 出て来たような夕食会に為りましたね
> 体験できて良かった~
> 又行きましょう

せっかくいいお店なのに、一時閉店というのが残念です。
再開後にどんな変化があるのか、ちと心配です。
[ 2016/10/31 17:25 ] [ 編集 ]
何ともまあ~、お上品なハレンチ? フレンチのコースでしょう! 一瞬、ブログ訪問を他の方と間違えたと思いましたよv-8

赤ワイン、自分もどれが美味しいかは詳しくないですが「和飲」通の若女将にレクチャーしてもらうと酔いですねv-290
[ 2016/10/31 17:27 ] [ 編集 ]
かずちゃんへ
> 災○は忘れた頃にやってくると申しますが
> まさにその心境です( ´艸`)

人のうわさも79日でしたっけ。
そんなには待てないので、そろそろアップしましたよ。


> お料理だけでなく盛り付けのセンスも光ってますね♪
> 美味しいお料理は目も舌も満足いくものだったでしょう[絵文字:v-3

さすがのお料理と盛り付けでしたよ。
なかなか真似できそうもないのが、残念です。
もうちょっと修行してみます。


> おらも週末お肉食べたよ(^^)v
> そう羨ましくもないと思いますがご報告させて頂きます(笑)

なにね、孫ちゃん達とお昼ご飯にお肉かね。
では、気長に方向をお待ちしております。


> ポチ☆
> 今日は何にもこしょいたくねー

ぽち、ありがとうございます。
やっぱり、子守疲れかね。
[ 2016/10/31 18:22 ] [ 編集 ]
イカオジさんへ
> 何ともまあ~、お上品なハレンチ? フレンチのコースでしょう! 一瞬、ブログ訪問を他の方と間違えたと思いましたよv-8

昔から自称 オシャレブログですがなにか?v-7


> 赤ワイン、自分もどれが美味しいかは詳しくないですが「和飲」通の若女将にレクチャーしてもらうと酔いですねv-290

うーむ、若女将はお父さんのところに届いた高いワインばかり飲んでいるらしいですよ。v-7
普段から値段を見ないから、あとの請求書が怖いです。
この日のワインは三人とも全員一致で、左のやつを選びましたよ。
[ 2016/10/31 18:26 ] [ 編集 ]
こんばんは

また行きたくなりますね 
年内に行けたら嬉しいですがまた再開が楽しみです(^^♪

ワインはわたしとてつあんさんがフランスワインで
mamさんが真ん中のフクロウさんのイタリアワインですね♪
ビュルゴー家シャラン鴨も最高でしたね
ぽちぽち!!
[ 2016/10/31 19:18 ] [ 編集 ]
旬な素材を使った丁寧な仕事、
見た目も美味しそうな盛付け、
予約がとりづらい人気店なのも頷けますね。
[ 2016/10/31 20:54 ] [ 編集 ]
ともりん♪さんへ
> こんばんは

こんにちは


> また行きたくなりますね 
> 年内に行けたら嬉しいですがまた再開が楽しみです(^^♪

再開がいつになるのかなあ。
来年のお楽しみですね。


> ワインはわたしとてつあんさんがフランスワインで
> mamさんが真ん中のフクロウさんのイタリアワインですね♪

おっと、mamさんのワインは真ん中のやつでしたか。
カウンターで一列だと、向こうのほうの様子がわかりにくいのが難点ですね。
この料理だとワインがほしくなってしまいます。


> ビュルゴー家シャラン鴨も最高でしたね
> ぽちぽち!!

お二人様からなので、おかげでシャラン鴨をいただくことができました。
ありがとうございます。
ぽちぽちもありがとうございました。
[ 2016/11/01 11:27 ] [ 編集 ]
川崎工場長さんへ
> 旬な素材を使った丁寧な仕事、
> 見た目も美味しそうな盛付け、
> 予約がとりづらい人気店なのも頷けますね。

ランチもディナーも2ヶ月前に予約なので、気軽に行けないけど、
その価値アリのお店でした。
再開後はどうなるのか、気になります。
[ 2016/11/01 11:30 ] [ 編集 ]
普段ではなかなか体験出来ない、貴重なフレンチでした!!
次は鴨も食べたいカモv-519
近くのTHE BANKは復活されたみたいですね~!
いつかセットで行ってみたいですv-15v-306
[ 2016/11/01 22:24 ] [ 編集 ]
てんちょさんへ
> 普段ではなかなか体験出来ない、貴重なフレンチでした!!
> 次は鴨も食べたいカモv-519

いやいや、なんといってもてんちょさんがスパークリングワインですからね。v-272
よく雨が降らなかったものだと思いました。v-11


> 近くのTHE BANKは復活されたみたいですね~!
> いつかセットで行ってみたいですv-15v-306

なんとそっちも攻めてみますか。
では、次回はセットで~
[ 2016/11/02 07:44 ] [ 編集 ]
しゅごい!
この肉の写真はもの凄く美味しそうなナニが漂っています。
ブログタイトルの通りな記事でした。
[ 2016/11/02 21:54 ] [ 編集 ]
おはようございます。
珍しく早起きしてみました(笑)

「お料理は芸術だ!!」そんな言葉が浮かびました。
食材だけでなく、調理法や盛付けにいたるまで、すべてが素晴らしいですね!!
同じ食材を使ったとしても、こちらのお店のシェフでしか完成できないお料理だなぁと思いました。

お料理の写真を1枚1枚しっかりと拝見し、目の保養をさせていただきました(*^。^*)
年内で一時休業というのが、とっても残念です。が、再開した時にはぜひ訪問してみたいです!

どのお料理にも感動のぽちぽち(^^)
[ 2016/11/03 03:20 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/03 10:58 ] [ 編集 ]
こばぽよんさんへ
> この肉の写真はもの凄く美味しそうなナニが漂っています。
> ブログタイトルの通りな記事でした。

ふふふ、美味しそうに撮れていますか。(^^)
ちょいとプラスアルファが多めですが、納得の鴨肉でしたよ。
他の皆さんのお肉も素敵でした。
[ 2016/11/03 15:24 ] [ 編集 ]
浜雪さんへ
> おはようございます。
> 珍しく早起きしてみました(笑)

こんにちは
いつも夜遅くにコメントをいただくのに、今日は早朝ですね。v-290


> 「お料理は芸術だ!!」そんな言葉が浮かびました。
> 食材だけでなく、調理法や盛付けにいたるまで、すべてが素晴らしいですね!!
> 同じ食材を使ったとしても、こちらのお店のシェフでしか完成できないお料理だなぁと思いました。

オーソドックスなフレンチとも違う料理の数々でした。
食べるだけでなくて、撮影していても楽しい時間でしたよ。


> お料理の写真を1枚1枚しっかりと拝見し、目の保養をさせていただきました(*^。^*)
> 年内で一時休業というのが、とっても残念です。が、再開した時にはぜひ訪問してみたいです!
>
> どのお料理にも感動のぽちぽち(^^)

なかなか予約を取るのが大変だと思いますが、それだけの価値はあると思います。
電話は30回くらいはコールしないとダメみたいですよ。
再開後の営業がいつからなのか、わかるのは来年でしょうか。
[ 2016/11/03 15:49 ] [ 編集 ]
ナイショさんへ
これをシェフ一人、接客一人でやっているのですから、すごいですね。
ここは予約が大変ですが、チャンスがあったらぜひ行ってみてください。
[ 2016/11/03 16:23 ] [ 編集 ]
美しい❗️
いい仕事していますね〜
見ているだけでも満足感がありますね。
ランチに一度行ったっきりなので、また、行きたくなりました?
[ 2016/11/04 09:40 ] [ 編集 ]
LIBRAさんへ
> いい仕事していますね〜
> 見ているだけでも満足感がありますね。
> ランチに一度行ったっきりなので、また、行きたくなりました?

ランチもディナーも素敵な料理ですね。
でもランチでもお酒が飲みたくなりそうで、キケンです。
再開したら、またいってみたいです。
[ 2016/11/04 13:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL