美味しそうな写真を撮りたい

ようやく梅雨明け
美味しそうな写真を撮りたい TOP  >  そばうどん全般 >  初訪問のうどん店へ @ 手打ちうどん 自遊席

初訪問のうどん店へ @ 手打ちうどん 自遊席

 藤沢市の石川という場所にある手打ちうどんのお店にいってきました。藤沢のうどんといえば里のうどんですが、こちらは石川店から車で5分くらいかな。ちょっとログハウスのような建物です。駐車場には右側から入っていきます。

P6223195_20170624073824378.jpg


 駐車場はその中に9台分あります。ここは車でないとちょっと行きにくい場所ですが、週末には一杯になってしまいます。人気のおみせですね。なんでも、ミシュランガイドの2015年版に掲載されたらしいです。
 以前は夜も営業していた時期があったみたいですが、現在は昼だけの営業ですね。週末に訪問しようとして、麺切れであきらめたこともあります。

P6223197_20170624073821df8.jpg

 しかも自家製麺のうどんやさんなので、営業時間は昼間だけとなっています。この日は昼間の開店前攻撃でした。お店の前のベンチに座って開店を待ちましょう。途中で、お店の人が顔をだして声をかけてくれました。


 開店時間になって、店内に入ります。男性の店主さんと女性二人体制のようです。一人なのでカウンター席に案内されました。ほかにテーブルが4つほどかな。後からのお客さんが次々ときましたので、店内の写真はありません。そっちも気になるなら、お店のHPをどうぞ。

 通常のメニューは、お店のHPを見てもらったほうがいいでしょう。こちらをどうぞ。HPに載っていない季節限定のメニューがこの写真です。

P6223200_20170624073823e8d.jpg


 さらにこんなのもあるらしいです。今回はとくにお願いしませんでした。

P6223201_20170624073824859.jpg



 カウンターの一段上にあったのが、大きな出汁巻き玉子です。まだ焼きたてで湯気がたっていました。数に限りがありと書いてあるメニューですね。厨房では、注文したうどんを茹でているところです。

P6223204_2017062408155023b.jpg




自家製ダシ巻き玉子 200円(税込)

P6223207.jpg


久しぶりに夢の角度!

P6223209.jpg


 カウンターの上のやつを見ちゃったから仕方ないですね。美味しそうな姿だったので、注文してみました。お値段もお手頃でしょう。たっぷりの大根おろしに醤油をかけて、それといっしょにいただきます。うどんの出汁を使って焼いたという玉子焼きは、温かくてとても美味しい。
P6223211.jpg

 うーん、一杯やりたくなりましたが、クルマなので我慢です。メニューにはサッポロ黒ラベルの瓶ビールがあるみたいです。



ぶっかけうどん 冷 ちくわ天 700円(税込)
P6223214.jpg

 ここには温かいかけ、冷たいと温かいぶっかけ、ざるうどん、釜揚げうどんと揃っています。ですが、最初なのでオーソドックスに冷たい麺のぶっかけにしましょう。

 トッピングは何にするか悩みますが、ちくわ天ののったぶっかけの冷を選びました。大きな平らなお皿にきれいに盛り付けられていますね。

P6223216.jpg


 小皿にはきゅうりのお漬物が添えられています。

P6223222.jpg



 麺の量は、少なめ200g、普通300g、大盛400g、特盛500gから選べます。しかもお値段は同じと言うサービスです。麺の上には、わかめ、青ネギ、カマボコ、真ん中に大根おろしとおろし生姜です。

P6223220.jpg


 ぶっかけなので、汁は少なめでうどんの麺の下にかくれていますが、ちらっと見えていますね。

P6223221.jpg


 茹で立ての麺は、しっかりとエッジが立った形状のものでした。やはり、うどんはうちたて、茹で立てのものが美味しいですね。チェーン店のうどんも悪くないけど、店主さんが作ったうどんは安定と安心感があります。

P6223224.jpg


 大きな長い竹輪を縦に半割りにして、それを揚げたちくわ天です。普段は食べないけど、うどんと一緒だとついつい選んでしまいます。もちろん、あつあつでしたよ。

P6223225.jpg


 うどんの中には、ちょいと幅広のものが入っています。うどんの耳と呼ばれるやつかな。お店で自家製麺をしているという印みたいなものでしょう。通常の麺よりも薄くなっていて、茹で具合も計算されているみたいです。

P6223226.jpg

 特盛でしたが、最後までしっかりと美味しくいただけました。まあ、昔は笑門のメガぶっかけも食べていたけど、今はこれくらいが美味しくいただける量になってしまいました。


 こちらはカウンターの上に用意された限定のなす天うどんのためのものでしょう。なすの紫色がきれいです。

P6223227.jpg

 寒い時期に、温かいかけも試してみたくなりましたよ。


お店の情報
手打ちうどん  自遊席 (じゆうせき)
http://www.jiyuseki.jp/

住所      神奈川県藤沢市石川5-24-11
電話番号   0466-88-6366
定休日    月曜日
営業時間   11:30~14:30 
駐車場    裏手の駐車場内にあります

 blogram投票ボタン
お手すきのときにでも上のボタンを押してくれると、はげみになります。

関連記事
[ 2017/06/26 11:58 ] そばうどん全般 | TB(0) | CM(8)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/26 13:01 ] [ 編集 ]
ナイショさんへ
このところうどんはひかえていたのですが、
おもわず特盛を注文してしまいましたよ。

ダイエットの敵ですが、やはり美味しいものは美味しいので後悔していません。
[ 2017/06/26 21:27 ] [ 編集 ]
大盛、特盛でもお値段同じってのがスゴイですね。
私は普通の300gで十分かな。
[ 2017/06/27 07:03 ] [ 編集 ]
後悔しんば(´艸`)
なにね?特盛食べたんv-11
しかも自家製ダシ巻き玉子も付けたんよね
後悔先に立たずらよ~
私は先週の鉄砲玉が恨めしいv-40
背は縮むし(関係なしv-7)体重増えるし血圧もv-40

うどんの耳のピロピロんとこ美味しいよね~♪
エッジの立ったうどんうんまげら(^^)v
ポチ☆
要らね話がなーごなってしもたね(笑)
[ 2017/06/27 13:12 ] [ 編集 ]
こんばんは。

自家製麺のうどんに限りがあって営業時間がお昼だけですとハードルが高いですね~。

うどんの耳が入っていると、何だか「当たり」のような気がして、うれしくなりませんか♪ ひらりん~♪として、美味しそうです。
見るからにサクッと揚がったちうわ天も魅力的ですね(^^)

今回は品切れ(?)だった麻婆温玉うどんも気になります。




[ 2017/06/27 23:56 ] [ 編集 ]
川崎工場長さんへ
> 大盛、特盛でもお値段同じってのがスゴイですね。
> 私は普通の300gで十分かな。

つけ麺のお店だと、普通盛りから大盛まで同じ値段はありますね。
うどんのお店だと珍しいかも。

美味しい麺だとするすると入ってしまいます。v-9
[ 2017/06/28 16:33 ] [ 編集 ]
かずちゃんへ
> なにね?特盛食べたんv-11
> しかも自家製ダシ巻き玉子も付けたんよね
> 後悔先に立たずらよ~
> 私は先週の鉄砲玉が恨めしいv-40
> 背は縮むし(関係なしv-7)体重増えるし血圧もv-40

健康診断前の鉄砲玉ツアーは、危険ですね。シカモノミホウダイ
特盛は、たまになのでやってみました。
通常の2倍の量だから、それほどでもなかったですよ。


> うどんの耳のピロピロんとこ美味しいよね~♪
> エッジの立ったうどんうんまげら(^^)v

いまいちの麺だと飽きちゃうけど、さすがここの麺はうまかったです。
藤沢には、ミシュランにのった蕎麦屋もあるんですよ。
近所に麺好きの調査員がいるのでしょうか?


> ポチ☆
> 要らね話がなーごなってしもたね(笑)

ぽち、ありがとうございます。
なあに、なーげ話をいつも期待しているので問題なしですよ。
[ 2017/06/28 16:53 ] [ 編集 ]
浜雪さんへ
> こんばんは。

こんにちは~


> 自家製麺のうどんに限りがあって営業時間がお昼だけですとハードルが高いですね~。

実は週末に行ったことがありますが、駐車場が一杯とか売り切れ仕舞でふられたことがあります。
平日はそれほどでもないと店主さんが言ってましたが、人気店みたいです。


> うどんの耳が入っていると、何だか「当たり」のような気がして、うれしくなりませんか♪ ひらりん~♪として、美味しそうです。
> 見るからにサクッと揚がったちうわ天も魅力的ですね(^^)
> 今回は品切れ(?)だった麻婆温玉うどんも気になります。

うどんの耳は最初は気がつかなかったのですが、中から出てきてラッキーな気分になりました。
特盛にしたので、入っている確立は二倍になっていますね。v-7
メニューもいろいろなので、入りやすければ通ってみたくなりました。

店主さんや店員さんの対応もにこやかで、いい感じのお店でしたよ。
[ 2017/06/28 17:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL